レンタルドレスならマナーも完璧なコーディネートができる

レンタルドレスならマナーも完璧なコーディネートができる 結婚する年齢というのは時代と共に変化してきているとはいえ、友人の結婚式に呼ばれて参列することが多い年代は、20代から30代ではないでしょうか。結婚式というのは普段とは違う非日常的な空間であるため、何を着ていこうかとワクワクする一方、初めて参列するという若い年代の方は、服装のマナーについて不安を感じるかもしれません。普段のおしゃれなら、自分だけのこだわりや個性で選んで問題ありませんが、特別な場における服装は相手への礼儀のひとつであり、実際結婚式においてもたくさんの暗黙の了解ともいえるマナーが存在しています。

一番知られているのは、白以外の服装を選ぶということです。結婚式において白は花嫁だけのものであるため、白はもちろん白に見える薄いベージュの服装は避けるのがマナーです。黒もあまりおすすめではありません。黒色の華やかなドレスはたくさんありますが、全身真っ黒の服装は、お祝いの席には不向きとされています。他にも、体の線がくっきりでるものや肌の露出の多いものは上品な場にふさわしくありません。

小物においても、黒以外のストッキングを履く、ファーや革の素材のものを避ける、靴はつま先のでるオープントゥやサンダル以外のもの選ぶなどがあります。これだけあると、服装を決めるのが難しく思えますが、レンタルドレスのサービスを利用すれば、マナーを踏まえながらコーディネートをしてもらうことができます。例えば、薄いベージュや黒は他の色のものと合わせて配分を変える、肌の露出が多いドレスは、ボレロやショールでカバーするなど様々な役立つアドバイスを受けられます。

ドレスという非日常のものを身につけるにあたって、それに合わせた靴やバッグ、アクセサリーも用意する必要があります。レンタルドレスを扱うお店であれば、これらのアイテムも揃えているところが多いので、一緒に借りることが可能です。ドレスと小物のセットはもちろん、プロのスタイリストさんによる全身コーディネートセットがあるお店であれば、準備も楽です。他にも、ヘアメイクやネイルのサービスまで行っているレンタルドレスのお店もあるため、自分が求めてるサービスを頭に浮かべながら選ぶようにしましょう。

レンタルドレスという方法を使えば、マナーも完璧なコーディネートができるため、気おくれすることなく結婚式に参加できるでしょう。自分に似合う色やデザインなども相談できるため、思い切っていつもと違う、レンタルドレスならではのおしゃれにチャレンジしてみるのもおすすめです。

最新ニュース